月別: 2017年9月

おまとめローン審査で有効な必要書類とは?

おまとめローンの必要書類

おまとめローンの必要書類ですが、本人確認の為にまず免許証が必要となります。審査の際には必ず本人を証明する書類の提出を求められるので免許証が必要となります。

もし免許証が無ければ健康保険証でもいいと思います。要は国で認められている公的な本人確認が出来るものが必要となるのでおまとめローン審査においてもこの二つのどちらかがあれば大丈夫です。最近ではマイナンバー制度に対応したおまとめローンもあるのでそちらの利用も検討してもいいかと思います。

そして次に収入証明の為の書類が必要となります。収入証明の書類は源泉徴収票が最適かと思います。

実際に全収入が掲載されていますし、一目で本人の収入が分かりますし、源泉徴収票に記載されている勤め先の住所もその源泉徴収票で証明が出来ます。源泉徴収票以外には主に収入証明となるものがあります。

給与明細も重要です。直近の3ヶ月分くらいの給与明細を持っていれば収入証明になると思います。

おまとめローン申し込みの必要書類

おまとめローン申し込みで必要となる書類があります。まずは本人確認の書類です。おまとめローンの会社により多少の差がありますが、だいたいの会社はインターネットでスマホで写真を撮って提出できるので原本を提出するとかコピーして提出するとかはないので安心してください。

または店舗に行って無人機の契約ルームで契約するとカメラがあるのでそちらに写して確認してもらうという方法もあります。本人確認の書類としては一番に免許証があれば言うことはないです。国の認めている公の身分証明になります。また健康保険証も同じ理由です。このどちらかがあれば大丈夫だと思います。

次に収入の証明する書類です。勤めている方なら勤め先から給与明細をもらっていると思うのでそちらを提出すれば良いです。直近3ヶ月分の給与明細を持っておけば大丈夫です。あと確実なのは源泉徴収票です。年収も載っていますし、一目で相手方にも収入証明と分かる書類となっています。

おまとめローンの上手な返済方法はなにか?

おまとめローンの返済方法

おまとめローンの返済方法は様々あります。普通におまとめローン会社の店舗に行ってATM操作をして返済をする方法が最も一般的かもしれないです。借り入れもそのATMでするのですからおまとめローン会社の店舗が自宅の近くにあるのなら利用しやすいかと思います。

次にコンビニで返済が出来ることです。おまとめローン会社により出来る出来ないはありますが、コンビニで返済が出来ると暑ければ圧倒的に時間の制約がなくなり便利になります。おまとめローン会社の店舗での返済はだいたいが営業時間があり23時や24時までの営業時間となっています。

しかしコンビニでの返済ならば終電が終わった時間でも返済が出来ますし24時間開いているコンビニなら時間を気にしなくて済みます。そしてありがたいことに手数料も無料のおまとめローン会社が多いです。

最後に銀行口座からの自動引き落としでの返済も可能です。これもおまとめローン会社によりけりですが、返済日を忘れて返済のし忘れがなく良いと思います。

おまとめローンの返済方法

おまとめローンの返済方法です。返済方法は店舗でするのが一般的ですがおまとめローン会社により店舗を持たないおまとめローンもあります。まず第一に店舗での返済を考えて、次にATMでの返済を考えます。

おまとめローンと提携している銀行ATMは使いやすく便利です。あとはコンビニのATMで利用できるおまとめローンがあれば返済方法として一番便利です。

理由は返済時間に縛りがないということです。コンビニが24時間空いている限り返済はいつでも出来ますし仕事終わりでも時間を気にせずに出来ます。そしてほとんどのおまとめローンがコンビニATMを利用できる場合は利用料(手数料)が無料だということです。

利用しやすさでお客様獲得を目指しているおまとめローン会社もあるので申し込みをする際には返済の方法も確認しておくことも必要です。分からなくてもおまとめローンのスタッフの方に聞けば丁寧に教えてれます。あと返済の方法と手数料、返済期間も注意しておきたいです。

おまとめローンを利用するときの注意点は何か?

おまとめローンの注意点

おまとめローンを利用する際に注意しておきたいことがあります。

まずひとつめは借り入れる際にきちんと返済計画を立てておくことです。案外借り入れる時は借り入れ額や審査のことで頭がいっぱいになりがちですが、借りるということは必ず返すということが発生してくるわけですから完済するためにどのように返済計画を立てるかはとても重要なことなのです。

最近はおまとめローン会社によっては返済シミュレーションがあるのでそれを活用すれば毎月どの程度返済していけばいつまでに完済出来るという見通しもつくので是非活用してほしいです。

次に注意しておきたいことは申し込みの際に登録する情報は必ず正確に伝えることです。

特に数字を伝える際には少しでも違っていたら相手に与える印象が変わってしまいます。「この人は本当のことを言っているのだろうか?」等と不信感を持たれては審査も不利になってしまうこともあります。信用第一の審査ですからこの点も注意しておきたいです。

おまとめローン、必ず気を付けたいこと

土日祝日などの臨時出費にも柔軟に対応できるおまとめローンは、うまく使えば非常に便利なものです。しかし、その便利なおまとめローンも、利用の際には、もちろん注意点があります。

その中で、何よりも大切なのは、「必要以上に借り過ぎないこと」です。

少し多めに借り入れをしてしまうと、その分、完済までの時間がかかってしまいます。そして余計な利息が発生してしまいます。

そうならないためには、必要な分だけを借り入れし、毎月なるべく多く返済するのがポイントです。当たり前のことのように思えるかもしれませんが、実は、「つい借り過ぎてしまう」というのは決して珍しいことではないのです。

特に、初めての借り入れを行う際には、つい「少し多めに借り入れしておこう」と考えてしまう人が多いようです。

完済までにかかる期間を短縮できればできるほど、支払う利息も安くなります。賢く便利に利用するためには、借り過ぎに注意することをおすすめします。

おまとめローンの基本的な審査の流れは?

おまとめローンの審査の流れ

おまとめローンの審査の流れは、まず仮審査から行われます。この仮審査というのは最初に電話やインターネットで予め申し込んだ内容に基づいての審査となります。

ここでの審査は「借り入れする条件に合っているか」ということを審査します。最近では借りすぎて自己破産してしまったり、返済が出来なくなってしまい会社とのトラブルになっているおまとめローンですが、消費者金融全体で総量規制法という法律を制定しました。

これは「年収の1/3以上の借り入れは出来ない」という法律なのです。この総量規制法も対象となる人もいるのでまず審査では他社からの借り入れはないか?既に借り入れ限度額に達していないか?等基本的な情報でまず判断します。

この仮審査を通過すれば次は本審査となります。本審査では信用情報機関という所に照合して本当に申し込み者の情報が正確なのかということを見ます。

借り入れがあったら申請した情報とあっているのか?誤情報となっていないかと確認をします。ここは正確に審査されるので申請の際には数字は必ず正確に入力しておくべきです。

おまとめローン審査の流れで重要なのは過去の支払い実績です

おまとめローンを申し込むと在籍確認や過去に支払いの事故がなかったかの審査を行います。審査の流れとしては、本人確認の書類を求められるので、運転免許証やパスポートなどの顔写真入りの身分証があると本人確認はすぐにパスできます。

顔写真入りの身分証がないときは健康保険証の提示を求められます。審査で重要になってくるのが他社借入れ件数や総額でいくら借りているのかといったことです。

総量規制で年収の3分の1までに制限されているので、例えば年収360万円だった場合120万円までが限度になるので、他社で100万円借りていれば残り20万円までしか借りられないことになります。そうした審査やスマホの代金の支払いが遅延なく行われていたのかといったことを見ていきます。

個人信用情報機関に照会すると支払い実績がわかるようになっているのでおまとめローンの会社はそこへ照会します。過去に債務整理をしたことがあった場合は審査に引っかかる場合もあります。

信用情報機関に問い合わせるのにかかる時間は15分から1時間ほどです。審査は勤務先に勤めているのか確認をする在籍確認も行われます。

審査の流れとしてはこんな感じです。混雑していなければ1時間以内に融資を受けることができます。連休前や週末で混んでいると審査も時間がかかるので、2時間から3時間ぐらいかかると見ておいた方がいいでしょう。