おまとめローンの審査の流れ

おまとめローンの審査の流れは、まず仮審査から行われます。この仮審査というのは最初に電話やインターネットで予め申し込んだ内容に基づいての審査となります。

ここでの審査は「借り入れする条件に合っているか」ということを審査します。最近では借りすぎて自己破産してしまったり、返済が出来なくなってしまい会社とのトラブルになっているおまとめローンですが、消費者金融全体で総量規制法という法律を制定しました。

これは「年収の1/3以上の借り入れは出来ない」という法律なのです。この総量規制法も対象となる人もいるのでまず審査では他社からの借り入れはないか?既に借り入れ限度額に達していないか?等基本的な情報でまず判断します。

この仮審査を通過すれば次は本審査となります。本審査では信用情報機関という所に照合して本当に申し込み者の情報が正確なのかということを見ます。

借り入れがあったら申請した情報とあっているのか?誤情報となっていないかと確認をします。ここは正確に審査されるので申請の際には数字は必ず正確に入力しておくべきです。

おまとめローン審査の流れで重要なのは過去の支払い実績です

おまとめローンを申し込むと在籍確認や過去に支払いの事故がなかったかの審査を行います。審査の流れとしては、本人確認の書類を求められるので、運転免許証やパスポートなどの顔写真入りの身分証があると本人確認はすぐにパスできます。

顔写真入りの身分証がないときは健康保険証の提示を求められます。審査で重要になってくるのが他社借入れ件数や総額でいくら借りているのかといったことです。

総量規制で年収の3分の1までに制限されているので、例えば年収360万円だった場合120万円までが限度になるので、他社で100万円借りていれば残り20万円までしか借りられないことになります。そうした審査やスマホの代金の支払いが遅延なく行われていたのかといったことを見ていきます。

個人信用情報機関に照会すると支払い実績がわかるようになっているのでおまとめローンの会社はそこへ照会します。過去に債務整理をしたことがあった場合は審査に引っかかる場合もあります。

信用情報機関に問い合わせるのにかかる時間は15分から1時間ほどです。審査は勤務先に勤めているのか確認をする在籍確認も行われます。

審査の流れとしてはこんな感じです。混雑していなければ1時間以内に融資を受けることができます。連休前や週末で混んでいると審査も時間がかかるので、2時間から3時間ぐらいかかると見ておいた方がいいでしょう。